[月刊旅色]2021年12月號
COVER
モデル / 中村ゆり
撮影 / 村上未知
スタイリング / 後藤仁子
ヘアメイク / 常盤美帆

淺田政志の宿旅

旅の目的は、あの宿に泊まること―。別世界の宿泊體験を切り取る寫真連載。第31回は、「手紙で十分だから」と連絡手段が郵便のみの宿。その潔さと裏腹に、去りがたき居心地のよさでした。
寫真家 淺田政志の宿旅
SCROLL
霞たなびく

Vol.31「苫屋」巖手県野田村

南部曲り家を改築した苫屋にお邪魔してまず驚くのは、囲爐裏から立ち上る煙。スモーキーな香りと湯気の白い霞が、しあわせの濃度かと思うほどにすてきな笑顔がここで生まれます。
いきているいえ
築160年以上の南部曲り家(母屋と馬屋が一體化した茅葺き屋根の古民家)を改築したそうで、屋根の上にも草木が茂っています。雨上がりには屋根から湯気が出ることも。この家、生きています。
ないのなら、つくってみせようホトトギス
苫屋を切り盛りする坂本さんご夫妻(充さん?久美子さん)は、ありのままを楽しみつつ、ないものを作り出す天才。収穫したケツメイシを使ったお手製のお茶は、香ばしくやさしい味わいです。
白ヤギさん?
ここには電話やネットも通じておらず、郵便が大切な連絡手段。毎日10:00ころに郵便屋さんが手紙を屆けてくれます。出すべきハガキと郵便屋さんにおすそ分けするシイタケが人待ち顔です。
予約センター
久美子さんの日課は手紙を書くこと。宿の予約や問い合わせで屆いたお便りにお返事をしたためます。「手紙の書き方や內容でなんとなく人柄が見えてくるのよ」。千里眼もお持ちです。
久美子さんに「お野菜をお願い」と言付かり、充さんはふらりと畑へ。自然栽培の畑を進み、よさそうなサイズのものを収穫し、腰に下げたカゴへ。なんとも贅沢な、唯一無二の食料庫です。
贅沢な食料庫
絶対おいしいやつ
苫屋さんは1泊2食付きですが、カフェをやっているのでランチを食べることも可能。この日は、鹿肉と豚肉をえごまの葉っぱで巻いたソーセージと、囲爐裏で焼いたかぼちゃパン(サラダ?コーヒー付きで1100円)。
時の流れに身を任せ
ここでは、人とモノで時の流れがあべこべです。人は時の流れをゆっくりと感じ、モノは早い時のなかを進みます。というのも囲爐裏の煙と煤で、ほとんどのものがあめ色になるため。ここにいるだけで人も味わい深くなりそうです。
弟子入り希望
宿を営む坂本さんご夫妻は、穏やかでカラリとした優しさ。おしゃべりしてもしなくても、思い思いに過ごす自由を受け止めてくれます。宿で知り合った人たちが仕事でコラボしたり、なかには結婚した方もいるそう。ここにないものもあるけれど、ここにしかないものがたくさんあります。

「苫屋」

豊かな時間、滋味あふれるごはんを目當てにする人も多い人気の宿。電話、テレビ、パソコンなどの電化製品はなく、坂本さんご夫妻に「不便じゃないですか?」と聞くと、本當に不思議そうに「そう?」と聞き返されて自分の常識がゆらぎます。裏を返せば、過ごし方は自分次第。手紙を書くことから始まる旅は、きっと想像を越えます。

住所 /巖手県九戸郡野田村大字野田第5地割22
料金 / 1泊2食付6,600円、11月中旬から4月中旬は7,150円

淺田政志
Masashi Asada淺田政志
1979年三重県生まれ。2007年に寫真家として獨立。2008年、寫真集『淺田家』(赤々舎刊)で第34回木村伊兵衛寫真賞を受賞。2020年、『淺田家!』として映畫化された。著書に『NEW LIFE』(赤々舎刊)、『家族新聞』(幻冬舎刊)、『淺田撮影局 まんねん』(青幻舎)など。また、國內外で個展やグループ展を精力的に開催している。「三陸國際蕓術祭三陸國際蕓術祭『縦』」では2022年3月にかけて、映畫『淺田家!』の舞臺となった野田村を訪問し、イベントや撮影を実施中。
http://www.asadamasashi.com/
麻豆画精品传媒2021一二三区-艾秋麻豆剧果冻传媒在线播放 激情影院在线观看十分钟
兖州市| 红河县| 漳平市| 睢宁县| 高陵县| 宁南县| 昌邑市| 昌江| 二连浩特市| 汝南县|