[月刊旅色]2021年12月號
COVER
モデル / 中村ゆり
撮影 / 村上未知
スタイリング / 後藤仁子
ヘアメイク / 常盤美帆

旅好きが考える行程はひと味違う あの人の旅プラン

渡部豪太 旅は「人」が大事!

手作りプラン掲載數No.1の「みんなの旅プラン」とのコラボ連載。
旅好きな著名人に、実際に使える旅の行程を教えてもらいます。
第3回は、家族と一緒によく旅行をするという大島美幸さん。
親子三人水入らず……かと思いきや、
その土地に詳しい友人と一緒に周る大人數旅がお気に入りだそうです。

今回のプランナーは...

お笑い蕓人 森三中?大島美幸さん

  • 前編 「旅について語る」
  • 後編 「プランをつくる」12.27公開!
お笑い蕓人 森三中?大島美幸さん それぞれ楽しかったなぁ
お笑い蕓人 森三中?大島美幸さん

お仕事柄、國內外のロケにもよく行かれている大島さんですが、ご家族で行かれる旅行とはどういう違いがありますか?

ロケは本當に秘境というか「どこだこれ?」っていう場所がほとんど(笑)。なので家族旅行のときは、きれいな景色やお寺のような“THE?名所”を周ることが多いですね。でも家族でのんびり、ゆっくりみたいな旅はあまりしないのが鈴木家流です。ダンナがすごくせっかちなので、とにかくつめこんでたくさん名所を周るんですよ。あ、でも一回だけゆっくりしたことがあったな。賢島(かしこじま)の「THE HIRAMATSU HOTELS & RESORTS」っていう高級なホテルに泊まったときは「ここを満喫しないともったいない!」って(笑)。GO TOキャンペーンを使ったからできた、豪華な旅でした。

お笑い蕓人 森三中?大島美幸さん
大島さんも訪れてハマったという「アドベンチャーワールド」でのエサやり體験。間近で見るカバの大きな口は大迫力で、大人も子どもも楽しめます。

豪華な宿だとできるだけ、ゆっくりしたくなりますよね。それでは大島さんが家族で旅行に行くときに大切にされていることは?

息子の笑福(えふ)が生まれてからは特に子ども中心になってしまうことが多いんですけど、なるべく家族みんなが楽しめるように考えています。でも、子どもが楽しめるスポットに行ってみたら、想像以上に大人も楽しめたなんてこともよくありますね。たとえば和歌山の「アドベンチャーワールド」に行ったときは、動物好きな笑福のために行ったつもりだったんですけど、大人もすごく楽しくて。カバがすごく近い距離で口を開けているところに干し草を固めたものをポンと入れる、エサやり體験がめちゃくちゃ面白かったなあ。笑福が生まれてから旅の幅が広がった気がします。

「あの人」が教えてくれる旅プランで、
もう一歩ディープな旅へ

やはり家族旅行は3人で行かれることが多いですか?

それがそんなことはなくて、友達家族と大人數で行くことが結構多いんです。面白いなと思うのが、「こんなところに行ってみたい」と思っていると、詳しい人から呼んでもらったり、誘われたりすることがよくあって。この前も沖縄行きを計畫していたら緊急事態宣言で行けなくなり、解除されたタイミングで「そろそろ……」と思っていると、沖縄にすごく詳しい友達が「一緒に行こうよ」と聲をかけてくれたんです。ガイド本で名所を探すより、詳しい人たちが教えてくれる旅プランのほうが信頼できるし楽しいし、誘われたら行っちゃいます。

淡路島ワールドパークONOKORO
広大な敷地にアトラクションやジップラインなどが盛りだくさんの「淡路島ワールドパークONOKORO」。大島さんは友達の勧めで訪れ、また絶対に行きたいと考えているそう。
お笑い蕓人 森三中?大島美幸さん

なるほど。これまでご友人に聞いて知ったスポットで、そんなに有名じゃないけど旅して良かったと思う場所はありますか?

淡路島出身の友達が一緒に行って教えてくれた「淡路島ワールドパークONOKORO」ですね。まず存在を知らなかったし、行ってみたら平日で人もすごく少なかったんですけど、本當に大人も子どもも楽しめるスポットでした。特に印象深いのはいろんな國の模型を見られるミニチュアワールドや、全長40mの芝すべりです。笑福はずーっと芝すべりをしてましたね。「ちょっとしたテーマパークかな」くらいに思っていたので、時間をあまり多くとっていなくて2時間くらいで泣く泣く出たんですけど、今度は1日……いや、1泊2日で行きたいくらいです。

お笑い蕓人 森三中?大島美幸さん

スカート20,000円(AS KNOW AS olaca 03-5465-8100)、ブラウス20,900円、カーディガン28,600円(共にバスコ 092-432-8848)

旅は人。あの人たちに會いたくて、
一緒に過ごしたくて旅に出る

これまで何回か訪れたスポットはありますか?

伊勢です。私たちは結婚7年目に伊勢神宮?內宮の近くにある猿田彥神社で結婚式を挙げたんですけど、それ以來毎年伊勢に行っています。というのも挙式のプランナーだった島田さんという方と家族ぐるみの付き合いになり、ダンナが伊勢旅行でしたいことすべてを、その島田さんが葉えてくれるんです。それだけじゃなく、毎年島田さんの家族も合流して一緒にまわってくれるんですよ。実は最初に話した賢島のホテルも、島田さんが紹介してくれたホテルなんです。

そうなんですね!毎年行かれるくらい伊勢にハマった理由は?

伊勢神宮や周辺の神社ももちろん素晴らしいし、家族にとってなくてはならない場所なんですけど、島田さんに會いたい、また一緒に過ごしたいっていう気持ちがすごく強いかもしれないです。さらに伊勢の飲食店の方とか、結婚式を手伝ってくれた島田さんのお友達とか、島田さんが紹介してくださった人とのご縁が、どんどん広がっていて。本當に気持ちの良い人たちで、年に1回必ず會う親戚のような人がどんどん増えているのがうれしいです。振り返ってみると「旅は人」なのかなと思いますね。一緒に行く人や出會う人、それによって楽しみが何倍にも膨らんでいく。これこそが旅の醍醐味だなと思います。

撮影/十河英三郎  取材?文/上野郁美(エフェクト) スタイリスト/マルコマキ
大島美幸さんの旅プランは、次號「月刊旅色1月號」(12/27)で公開!
Profile
お笑い蕓人 森三中?大島美幸さん
大島美幸Miyuki Ooshima

お笑い蕓人、タレント、女優。1980年1月13日生まれ、栃木県出身。1998年、黒沢かずこ、村上知子とともにお笑いトリオ?森三中を結成。バラエティー番組を中心に活躍するかたわら、テレビドラマや映畫などにも出演している。2002年には放送作家の鈴木おさむと交際0日で結婚し、話題に。

麻豆画精品传媒2021一二三区-艾秋麻豆剧果冻传媒在线播放 激情影院在线观看十分钟
广平县| 远安县| 龙游县| 遵义县| 长治市| 沧州市| 扎赉特旗| 彭山县| 厦门市| 盐亭县|